ホーム >> 製品情報 >> ベースアンプ >> Subway TT-800
Subway TT-800
Subway TT-800

THE SUBWAY EVOLUTION. BOOGIE® BASS RETURNS!

オールチューブの MESA/Boogie BASS400+ は、20年以上にわたって世界中の名だたるベーシストたちに使用されてきた現代における最高の製品でした。Paul McCartney、Mark King、Stanley Clark、Jack Blades や Michael Anthony と、400+ は国境や音楽のジャンルを超えて、主役級の活躍をしてきました。

今日、Class D アンプの高精度なトーンと温かみのあるサウンド、そして高いポータビリティを兼ね備えアワード受賞歴もある Subway シリーズがその名を引き継ぎます。2つの特徴的なプリアンプを組み合わせて、パワフルさと持ち運びやすさは損なわずに 400+ と Subway シリーズそれぞれの独自の特徴を1つのパッケージに収めるには、革新的なステップが求められます。それを叶えるのが Subway TT-800 です。

このページをはてなブックマークに追加

TUBE BLOOM OR FET PUNCH & DETAIL, IT'S ALL YOURS ON DEMAND!

Dual Mono 構造のセパレート2チャンネルが TT-800 の力強く明瞭な 800W Class D パワーセクションに信号を出力し、究極のベーストーンを生み出す土台を築きます。TT-800 はまったく新しいチューブプリアンプを搭載しており、Boogie チャンネルではリッチで美しい Bass 400+ の伝説的なトーンスタック構造を実現します。Subway チャンネルでは、タイトさが強調されたローエンド、正確でパンチの効いたミドルとクリスタルのように透き通ったハイが特徴の Subway のモダントーンを体感することができます。

パッチポイントスタイルの独立したエフェクトループ設計により、各チャンネル/機材ごとに独立した設定を行ったり、切替可能なチャンネルのうちの1つをお気に入りの外部プリアンプやモデリングアンプに置き換えることも可能です。



VINTAGE ENHANCED AND MODIFIED MODERN CREATE HARMONY

上側の BOOGIE チャンネルは歴史的に評価の高い Bass 400+ の回路が特徴で、立体感とチューブの暖かみや艶をもったサウンドです。Subway の HIPASS や MID周波数のセミパラメトリックコントロールといった新しい機能が搭載されたことにより、オリジナルでも素晴らしかったサウンドの汎用性は大幅に高くなりました。下側の SUBWAY チャンネルには、現代のベーシストが求めるすべてが詰まっているといってもよいでしょう。よりタイトなトラッキング、ニュートラルなキャラクターを伴った素早いレスポンスと重厚さを備えた、明瞭でニュアンスの効いたディテールに、さらにチューブプリアンプの特性が加わっています。

モダンな機能を満載した DEEP、BRIGHT 各スイッチを使用することでトーンシェイピングが行えます。DEEP スイッチを OFF にしてブーミーにならないようトーンを抑えたり、レゲエのようなスタイルの曲では ON にして使用することも可能です。BRIGHT スイッチを ON するとサウンドにきらめきと光沢を加えます。Subway シリーズのベースアンプのファンは、この機能をスラップするときに使用したり、コードワークに立体感と鮮明さを加えるために使用されていることをご存知でしょう。

Global GAIN スイッチでは、アタックとヘッドルームのキャラクターを設定することができます。LOW では、真空管の駆動が強まる HIGH セッティングに比べてクリーンでクリアなサウンドで、Boogie チャンネルで特に効果が顕著です。新しい OD(Overdrive) SYMETRY コントロールは、反時計回り(SYM)に回すにしたがってタイトに張り付いたハーモニクスが得られ、時計回り(ASYM)半分程度の設定でよりチューブ感の効いたハーモニクスの広がりを得ることが可能です。

「TT-800 は MESA/Boogie がリリースしている Subway シリーズのフラッグシップモデルです。Subway アンプに求めるものすべてが搭載されながらも、Bass400 の伝統的な暖かみのあるチューブサウンドを復活させ、それらすべてが軽量で小型のパッケージに収まっているのです。」URIAH DUFFY

このページをはてなブックマークに追加

Technical Specifications

Output Power

Class D 出力: 800W@4or2Ω/400W@8Ω + 2 Channels, Class A Vacuum Tube Preamps w/ 3x Mesa 12AT7

Front Panel Controls

・PLAY/MUTE スイッチ
・HIGH/LOW GAIN スイッチ
・DEEP スイッチ
・BRIGHT スイッチ
・プリアンプ:
<Boogie Channel> Input Gain、Variable High-Pass Filter(25Hz–125Hz)、Passive 3-Band EQ(Bass、Mid w/variable Mid-Shiftコントロール、Treble)、Master Volume
<Subway Channel> Input Gain、Variable High-Pass Filter(25Hz–125Hz)、フルアクティブ3-Band EQ(+/-12dB)=Bass、Treble、Mid w/variable Mid Frequencyコントロール(150Hz-2kHz)、Master Volume
・ Global O/D Symmetryコントロール(symmetrical to asymmetrical)
・PROTECTION & LIMIT LED インジケーター

Connections

・Pre-EQ/Post Masterごとに独立したバランス XLR (DI)アウト、LINE/MIC スイッチ、GROUND LIFT スイッチ
・チャンネルごとに独立したバッファード・シリーズ(直列) FX LOOP(エフェクト・ループ)
・TUNER アウト
・MUTE/チャンネル切替 フットスイッチジャック(フットスイッチ別売)
・ヘッドホンアウト
・AUX インプット
・2 x スピコンスピーカー・アウトプットジャック
・インピーダンスセレクター(2/4/8Ω)
・USBデバイス用パワー端子

Others

・冷却ファン搭載
・ラックマウントキット(別売オプション)

Accessories

・ギグバッグ(w/ストラップ)

Weight & Dimensions

・サイズ(W x D x H):304.8 x 288.9 x 101.6mm
・重量:約3.2kg

Front Panel Controls:

Back Panel

このページをはてなブックマークに追加

Picture Gallery

このページをはてなブックマークに追加

Subway TT-800

Subway TT-800 manual JP (PDF)

PDFファイルをご覧になるにはAcrobat Reader(無償配布)が必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。

このページをはてなブックマークに追加