ホーム >> 製品情報 >> シグナルマネージメント >> スイッチャー&ルーター >> MIDI Matrix
MIDI Matrix
  • MIDIマトリックス
  • MIDIマトリックス
  • MIDIマトリックス


MESAは、長年に渡りマルチ・チャンネルとフットスイッチでの切替可能なアンプで知られてきました。MESA/Boogie社初の MIDI Matrix スイッチング・システムは1980年半ばまでさかのぼります。当時の目的は、複数台のIIC+ヘッド、Quad や Studio プリアンプを大規模なステレオラックシステムで使用するアーティストに包括的なコントロールを提供することでした。それ以来MESA/Boogie はこの分野の製品開発に携わってきました。

MESA/Boogie社が今まで培ってきた経験と専門技術をコンパクトなデザインに取り入れ、現在のコンパクトなペダルボードや小規模なラックシステム内でお気に入りのアンプのチャンネルや機能を完全にコントロールし、利用できるようにしました。

このページをはてなブックマークに追加

ONE-BUTTON MIDI CONTROL OF CHANNELS, MODES AND FEATURES … EVEN MULTIPLE AMPS!

35年ほど前にここペタルマで誕生した初代と同じ名前を冠する現代版 MIDI Matrix は、ご使用の既存 MIDI コントローラーとインターフェイスし、MESA アンプのマルチピンケーブル接続のファクトリーフットスイッチと置き換わり、ボタン操作1つでご使用のアンプのチャンネル、モード、機能をコントロールできます。

ご使用のアンプがシンプルな ON/OFF フットスイッチ構造の場合、またはモーメンタリーもしくは Tip to Ground のラッチスイッチングロジックに対応している1/4“ジャック仕様の他社製アンプの場合も MIDI Matrix でコントロールすることが可能です。

MIDI Matrix を使用すると、ご使用のアンプのチャンネルやリバーブ、EQ、パワーオプションといった機能を個別にコントロールできます。簡単に作成できるユーザープリセット化において、複数の機能をグループ化したり、コントロールの必要性に応じて最大で3台のアンプをコントロールすることが可能です。


CONTROL EVERY MESA AMP, OR RECONFIGURE TO YOUR NEEDS

DIP スイッチの配列とプレ・コンフィギュレーションによって、MIDI Matrix™ アンプコントローラーは MESA/Boogie の全てのアンプを、ほとんどの場合においてカスタムケーブルや外部機器を使用せずにオートメーション化することができます。

8ピン DIN と2つの1/4” TRS(Tip-Ring-Sleeve)スイッチングジャックが完全に独立していることも優れた点の1つです。これにより、グラウンド・ループのハムやノイズがアンプ、ペダル、ラックギア間で発生するのを防ぎます。

MIDI Matrix は MIDI プログラムチェンジとコンロトールチェンジメッセージに対応し、250のプリセットが利用可能です。そのため、複数のセットリストやバンドに応じた機材構成を行うことが可能です。必要に応じて、機材内の1つ1つの機材に直接アクセスすることも可能です。

また、専用のマウントプレートを使用すればペダルボード、ラックケースやコンボアンプの背面等にも簡単にマウントすることができます。

MIDI Matrix は、アンプのチャンネル、モード、機能をコントロールする優れたハブを作成するだけでなく、全体的なスイッチングのニーズにも対応します。オンラインで多数のデバイスを使用して1つのコマンドに反応する高密度のユーザープリセットの作成が必要な場合でも、お気に入りのコンボアンプと1~2台のエフェクトペダルをコントロールするだけの場合でも、MIDIプリセットのボタン1つで全てをまとめることが可能になります。音楽や演奏に集中することを阻害していたペダルボードダンスに遂に幕を閉じるときが来たのです。恐れることはありません・・・MIDI Matrix ですべてをコントロールできます!
MIDIマトリックス

MIDIマトリックス

MIDIマトリックス

このページをはてなブックマークに追加

PRODUCT SPECIFICATIONS:

• Made in Petaluma, California with the World’s Finest Materials
• MESA/Boogie アンプのマルチピン DIN/XLR または1/4”フットスイッチに代わって MIDI を介してフットスイッチで切替可能な機能をオートメーション化
• これまでに製造されたほぼすべての MESA/Boogie アンプをコントロール可能で、3x10 DIPスイッチの配列とプレ・コンフィギュレーションによりカスタムケーブルや外部機器は不要
• 最大250プリセットを保存可能
• MIDI プログラムチェンジとコンロトールチェンジメッセージに対応
• すべての MIDI フットコントローラー、MIDI 対応マルチエフェクトペダル、ペダルボードベースの MIDI ループスイッチャー等と互換
• イルミネーションタイプのインスタントアクセス ON/OFF ボタン
• 8つのスイッチング・ファンクションは、ラッチ/モーメンタリー、ノーマリーオープン/クローズで構成してリンクした2グループに配置が可能
• 8ピン DIN と2つの1/4” TRS(Tip-Ring-Sleeve)スイッチングジャックが完全独立していることでグラウンド・ループのハムやノイズを防止し最大3台のアンプやデバイスを同時にコントロール可能
• アンプの既存のマルチピンまたは1/4”フットスイッチケーブル、標準1/4”ケーブル、1/4”アダプターケーブル、またはMESA DIN7-to-XLR6 ケーブル(Mark IV、Basis M-2000およびQuad Preamp w/6-Pinフットスイッチ)に対応
• すべてのユーザープリセットと構成設定のユーザーデータのダンプとロードが MIDI で可能(CRC エラー検出あり)
• MIDI によるソフトウェア・アップデート
• 7ピン MIDI ケーブルを使用して MIDI フットコントローラーにファンタム電源を供給可能
• コンボアンプやラックケースの背面に設置可能なボトムマウンティングプレート付属


【 SPECIFICATIONS 】

最小動作電圧:9V DC
最大動作電圧:12V DC
最大消費電流:250mA @ 9V DC
電源アダプター(別売):WARNING!!!! 機器の損傷と保証の無効化を回避するために、9V AC また はDC、または最大12V DCで、2.1mm x 5.5mmバレルプラグの仕様に準じた外部電源をご使用ください(DC 極性はセンターマイナス/プラスどちらにも対応)
サイズ:13.3cm(W) x 10.2cm(D) x 4.0cm(H)
ボトムプレート:12.6cm(W) x 9.4cm(D) x 0.2cm(H)
重量:408.2g

このページをはてなブックマークに追加

Picture Gallery

このページをはてなブックマークに追加

MIDI Matrix

MIDI Matrix manual JP (PDF) - Coming Soon!

PDFファイルをご覧になるにはAcrobat Reader(無償配布)が必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。

このページをはてなブックマークに追加