ホーム >> 製品情報 >> ギターアンプ >> King Snake

*生産完了



The maker of Signature Tone! This is the quintessential guitar amplifier that inspired the Legends and changed the role and musical range of the electric guitar forever!

1972年カルロス・サンタナのツアーで使用して以来、そのサウンドは伝説のアンプと言われてきましたが、そのカルロス・サンタナが愛用するKing Snakeを設計、製作した、 Mesa/Boogie 創始者ランドール・スミス氏が自ら実機を徹底研究、40年経った今でも変わらないこのサウンドの秘密を解剖しました。そして、MESAの新たなテクノロジーと King Snake にベストマッチした新開発 "Fillmore" シリーズの100W仕様のスピーカーを搭載し、最高の King Snake が蘇り、ついに MESA 史上初のシグネチャーモデルが完成しました。

このページをはてなブックマークに追加

The maker of Signature Tone! This is the quintessential guitar amplifier that inspired the Legends and changed the role and musical range of the electric guitar forever!

DUAL INPUT

King Snake™ は、オリジナルのシングルチャンネルプリアンプタイプのBoogie® MARK I™をフィーチャーしており、ゲイン控えめのトラディッショナルなサウンド(Input 2)とハイゲイン、オールチューブならではのオーバードライブサウンド(Input 1)の2つのインプットがあります。2つのインプットそれぞれに独立したボリュームコントロールがあり、プリアンプステージでのゲイン調節が可能となっています。Input 2はトラディッショナルなローゲインのクリーンなサウンド、Input 1ではハイゲインの威力をフルに発揮したサウンドです。Input 2に繋いでいる時は、VOLUME 2の調節のみでゲイン量が決まります。Input 1の場合は、ここにさらに追加のチューブゲインステージが加わり、VOLUME 1、2の両方が作動するため、この二つを組み合わせて好みのオーバードライブサウンドを作ることができます。

MID/BOOST

Snake のソウル感あふれるゲインは、スタンダード仕様の Tone controls によって作られていますが、そこに1つ、非常に重要な改良が加えられています。Carlos Santana のオリジナルの Mark I では On/Off スイッチ切替タイプとなっている Gain Boost 機能が、この King Snake では調節可能な MID/BOOST 機能として MIDコントロールに集約されています。MID/BOOSTの目盛0から5には、通常レンジのスタンダード MID が集約されていますが、目盛5から10では、幅広い中域のスペクトラムで素晴らしいオーバードライブが可能となっており、厚みのあるサチュレーションサウンドを得ることができます。シンプルながらも非常に強力な(特許取得技術でもある)この MID/BOOST 機能は、Input のどちらを使用していてもゲインの追加が可能で、オーバードライブの微妙な変化から大胆な追加まで、様々な使い方ができます。

MULTI-WATT™ 10/60/100

このアンプのもう一つの新しい武器は、MESAの特許取得技術、Multi-Watt™のパワーセレクトです。この機能により、どちらのプリアンプ設定においても、会場の規模に合わせた出力調節を完璧に行うことができ、パワー管の歪みをより適切なボリュームレンジで効かせることができます。Snakeの3ポジション Multi-Watt スイッチは、6L6管4本を駆動させるフルパワーの Class A/B 100W モード、6L6管2本駆動、Class A/Bの60Wモード、そして6L6管2本の Class A Single-Ended power、スイートでパワー管がクリップしやすい 10Wモードを選択することができます。この Multi-Watt セッティングは、プレイヤーが好みのパワーで、望んだ通りのサウンドを表現することを可能にしてくれます。イメージはしていても、現実のヴィンテージアンプではなかなか思い通りのサウンドにならない、想像上だけにあるプレイヤーの頭の中の真空管の歪みを実現できるのです。

SWITCHABLE PRESENCE CIRCUIT

もう一つの革新的かつパワフルな変更点は、Switchable Presence Circuit の追加です。これは King Snake で初搭載となる機能で、TWEED と BLACKFACE の2つのClassic Presence 回路を選んで使用することができます。これら二つの Presence は、それぞれ真逆の反応曲線を示しており、パワーアンプ部の両方の周波数とダイナミクスの特性を再現するものとなっています。"BLACKFACE" は暖かみがあり、よりコンプレッション感のある特徴を持っています。これによって単音が丸くなり、全体的により籠った感じとなって、アタック時のポップ音や、減衰時のスムーズさに影響します。これはカルロス・サンタナ好みのセッティングであり、彼の持つオリジナルのスネーク柄 MARK I に搭載されていたPresence 回路の設定となっています。"TWEED"は、Snake のレスポンスをより前に出し、素早いアタック、大幅に強調されるトップエンドを持ち、ロー側をタイトにしてトラッキングできるようにしています。TWEEDモードは、BLACKFACE モードから切替えるまでは、存在することにすら気づかなかいようなハーモニクスの高域側のレイヤーを見せつけ、現在のアグレッシブなゲインサウンドに必要なグラインドとシュレッドを発生させることができます。両方の回路、サウンドを切り替えて使用できることで、このアンプにはヴィンテージとモダンといった2つのキャラクターがあるような状態となっています。クリーン、またはハイゲイン設定にすれば、過去と現在、二つのサウンドの架け橋としての役割がさらにフィーチャーされることとなります。

RETRO-INSPIRED REVERB & SERIES EFFECTS LOOP

もちろん、あの記念すべきアンプの再来と称するからには、優れた Reverb 機能は不可欠です。Snake の Reverb 機能は、ヴィンテージ風であることが何より重要となってきます。All-tube、スプリング3本のロングタンク Reverb は、適切な度合いで昔ながらの Old School Vibe が入っています。デプス、ハーモニクス、ディケイタイム、そしてそこにスプリングの機械的なちょっとした要素が合わさって、豊かで深みのあるリバーブによる繊細な強調や、はっきりとしたフィーチャー効果が可能です。狭い部屋に広さを感じさせるにも、屋外で広がった音をうまくまとめるのにも、このアンプのレトロな要素を持つリバーブが有効となります。直列接続のエフェクトループは、SEND LEVEL コントロールによりラックおよびペダルエフェクターへの出力レベルの微調整が可能になります。SEND LEVEL コントロールを一番下に合わせて、個々のエフェクトペダルに入る Input シグナルが最適値となるまでゆっくりと徐々に上げていきます。この Santana King Snake は、十分な出力レベルで余裕を持って対応できるので、SEND LEVELの最適なセッティングは低め(9:00-10:00)となります。オーバードライブ、コンプレッション、ワウペダルは、通常、楽器と Snake の Input の間(Inputの前段)に接続するのが望ましいとされています。できるだけシンプルかつ簡単なシステムを望む場合は、Snake のエフェクトループは Hard Bypass にして、ケーブルを Loop のジャックに接続しなければシグナルパスから外れた状態となります。

Fillmore "KS-100" Speaker

King Snake は、MESA の新しい Fillmore スピーカーを搭載する2つ目のモデルとなります。世界中のスピーカーメーカー各社と共に、9年以上かけて500点以上の試作品を作って辿りついたスピーカーです。長きに渡って MESA の良いパートナーであった Eminence社で製造されたものです。MESAの執着心と Eminence の不断の努力の結果、これまでに MESAが参考としている黄金期のブリティッシュ製スピーカーに相当する、そしてこれらを上回るUSA製のスピーカーが生まれました。King Snake の "Soul" は、Fillmore KS-100 を搭載することで、より一層強調されています。
このページをはてなブックマークに追加

● ヴィンテージ風King Snake柄がエンボス加工されたラム革、エッジ部バンパー、カスタムヴィンテージのウィーブグリル

● Custom Designed AND Handcrafted in Petaluma, California

● All-Tube Amplifier: 4x6L6, 5x12AX7

● MESA特許の Duo-Class™ Power Amp、10/60 /100W切替のMulti-Watt™ パワースイッチで、3段階の出力レベルと2つのクラスをコントロール
選べる出力モード:
・パワー管2本稼働、完全 Class A (single-ended)、10W
・パワー管2本または4本稼働、Class A/B、2本稼働時は60W、4本稼働時は100W

● シンプルな1チャンネルタイプ、2つのインプットで選べる2モード
Input 1 = Volume 1 & 2、どちらにも共通のマルチステージ式「カスケードゲイン」モード
Input 2 = Volume 2のノーマルゲインモード

● Powerful Mid/Boost コントロール:Midrange の Tone コントロールノブで、Midrange Tone と Variable Gain Boost の両方がコントロール可能。目盛の1から5までは通常のMidrange Tone Control、5以上は Variable Gain Booster でスイートなハーモニーのあるオーバードライブは、ごく繊細なレベルから激しく強力なレベルまで調節可能。目盛10の設定で、オリジナルの Mark I の裏パネルにある Gain Boost Switch が ON時と全く同じ状態となります。

● King Snake限定の「Blackface/Tweed」の Dual Control スイッチと Presence Control により、このアンプに搭載されている世界有数のアンプの Presence Circuits で、オリジナルのヴィンテージサウンドを作り出すことが可能です。

● All-Tube, Long Spring Reverb

● Reverb External Switching

● Fully Buffered FX Loop w/Automatic True Bypass and Send Level Control フルバッファード・エフェクトループは、Send & Returnジャックにケーブルが接続されていない状態だと完全に回路上から切り離されます。

● Slave Out w/Level Control

● スリップカバー付属

● サイズ:474mm(W) x 254mm(D) x 444.5mm (H) 重量:約25kg

Front Panel Controls:

Back Panel:

このページをはてなブックマークに追加














このページをはてなブックマークに追加

Picture Gallery

このページをはてなブックマークに追加

King Snake

KINGSNAKE Manual JP (PDF, 4.97 MB)

PDFファイルをご覧になるにはAcrobat Reader(無償配布)が必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、 こちらからダウンロードしてください。

このページをはてなブックマークに追加