ホーム >> 製品情報 >> ペダル >> THROTTLE BOX EQ


The new THROTTLE BOX EQ™

THROTTLE BOX™オーバードライブの世界的な成功を受けて、我々は、MESAの"クラシック"5-BANDグラフィックイコライザーを搭載した、よりパワフルなバージョンのポテンシャルがあると考えました。この5-BANDイコライザーでパワーシェイプを行うことで、より自由なサウンドメイクを実現します。GAINコントロールの中域は、タイトかつ鋭いオーバードライブサウンドを生み出し(LOまたはHI GAINモードのどちらかを選択可能)、ブルーズからモダンメタルまで幅広い領域をカバーしたパーカッシブなサウンドキャラクターを持っています。例えばGAINコントロールを高めに設定し、かつHIモードにした場合、トップエンドが焼きつくような激しいサウンドを得ることが出来ます。ハードロックやメタルサウンドには、5-BAND イコライザーを定番のミッド・スクープ(中域のカット)した"V-カーブ"の設定にすれば、40年間にわたり不変の最もヘビーなサウンドを生み出します。また無限の周波数カーブを持つ二つのGAINは、ライブパフォーマンス中でも設定が可能です。そのほか、HIまたはLOレベル・アウトプットコントロールは、GAINモードごとに独立してお望みの音量設定を行うことが来ます。またEQは、それぞれまたは両方のGAINモードにアサインし、望みのGAINモードでアクティブにすることが出来ます。
またもちろんオリジナルのTHROTTLE BOXからパワフルに効くMID CUT(ミッド・カット)コントロールを受け継いでおり、グラフィックスライダーの操作に加え、広域での中域カットが可能です。最後に、オリジナルのTHROTTLE BOXでは内部底面に設置してあったBOOSTスイッチですが、今回の製品ではより簡単に操作できるようにトップパネルに設置されています。BOOSTするとサウンドに迫力が加わり、GAINが強調されます。我々はこのペダルがプレイヤーの期待を超え、また、演奏をインスパイアするものであると自負しています。

特性

アメリカ、カリフォルニア州ペタルマで設計、ハンドメイドされたペダルです。
トゥルーバイパススイッチ:使用していない時は全回路をバイパスするだめ、出音への影響は一切ありません。
GAIN:LO/HIモード両方のシグナルパスのゲインの量を調節します。
LO/HI LEVEL:LO/HIモードのそれぞれのマスターレベルコントロールで、出力される信号の量(音量)を調節します。
TONE:12時の位置でフラットなセッティングになり、12時より上にすると高域の広い範囲でブーストされ、12時より低い設定では高域の同帯域がカットされます。
FIVE BAND GRAPHIC EQ(5-BAND EQ):80Hz,240Hz,750Hz,2.2kHz,6.6kHzのそれぞれの帯域で+/-12dBのカット/ブーストが可能です。センターのクリックポジションでユニティーレベルとなります
MID CUT:"ブレンドタイプ"のTONEコントロールに加えて、(LO/HIモード共に)幅広く効くMID CUTコントロールが装備されており、ミッドレンジをカットしてよりワイドな迫力あるサウンドを得られます。
Boost:音にゲインと迫力そして太いローエンドが加わり、全ての穴を埋めるようにサウンドが全体的に大きくなります。
ON/OFFやHI/LOモード、GRAPHIC EQ ON/OFFはLEDランプで表示されます。
(メインLED・・・消灯:OFF、オレンジ点灯:LOモード、赤点灯:HIモード)
9V電池、または外部パワージャックに市販のACアダプターを接続しての電源供給が可能です。
インプット&アウトプットジャック(定格入力:-20dB)

仕様

寸法 (W/D/H):5.78" x 4.76" x 2.30" (146.8mm x 121mm x 58.4mm)
重量:1.7lbs(817g)/電池1個込、1.6lbs(726g)/電池なし
トゥルーバイパススイッチ
電池:9V DC (1個または2個 - 2個目は電池寿命を長くするために使用)
消費電力:9V DC/30mA
ACアダプター:Power Jack 2.1mm x 5.5mm、9V DCセンターマイナス(市販品をご使用ください)
入力インピーダンス:1MΩ (最小500kΩ)
出力インピーダンス:10kΩ

PRICE

¥41,000 + (TAX)

このページをはてなブックマークに追加

Picture Gallery

このページをはてなブックマークに追加

THROTTLE BOX EQ

Throttle Box EQ_jp.pdf (PDF, 751KB)

PDFファイルをご覧になるにはAcrobat Reader(無償配布)が必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、 こちらからダウンロードしてください。

このページをはてなブックマークに追加