ホーム >> 製品情報 >> アコースティック >> Rosette™ Acoustic DI Preamplifier
Rosette Acoustic DI Preamplifier
  • Rosette Acoustic DI Preamplifier
  • Rosette Acoustic DI Preamplifier ギター
  • Rosette Acoustic DI Preamplifier ギター&ケース


Capture Your Acoustic's Tone with Detail and Clarity Like Never Before.

MESA® でアコースティックサウンドを増幅することに目と耳を向けたとき、他の何よりも重要だと考えたことが1つだけあります。それは“Do No Harm (原音を損なわない)”ということです。そのコンセプトを忠実に、そして完璧に実行したとき、アコースティックギターまたは他のアコースティック楽器のサウンドを"強調"する理由はなく、ただその音色を再現するだけなのです。

アコースティック・インストゥルメント・ダイレクト・インターフェースである Rosette™ DIは正確なアコースティックサウンドの再生が可能で、必要に応じて拡張できる包括的なシェイピング機能も備えています。48年にもわたるアンプ設計の最終的な結果、アコースティック楽器のサウンドをアンプで可能な限り最も正確に再現することに焦点を当てた、新しい Rosette DI Preamp をお試しください。

このページをはてなブックマークに追加

TOP PANEL

Rosette DI は、Rosette 300 Two: Eight Combo からマイクインプットをマイナスした状態で、同じフロントパネルコントロールと EQサーキットの構成とすることからスタートしました。両プロダクトのサーキットデザインはハイエンド・レコーディングコンソールからヒントを得ました。この妥協のないアプローチはこれ以上ないピュアな信号経路と限りなく低いノイズ耐性を実現し、同時に豊かな音楽性と比類のない正確なサウンドを生み出します。

プロコンソール同様に、入力ゲインとフェイズの両方は INPUTコントロールと PHASEスイッチでそれぞれ扱われます。最適化された電流バイアスがかかった FETインプットステージにより、ワイドレンジなハイ・インピーダンス・ピックアップにも容易に対応します。ピックアップ出力と出力スピーカーとの位相の関係性は、Rosette DI の PHASEスイッチを切り替えることで簡単に比較することが可能で、フィードバックを減らしたり排除したり、トーン全体を改善することができます。

内蔵のスイープ可能な2つのフィルターは、ライブパフォーマンス環境下でのフィードバックの除去をアシストします。NOTCH FILTER は選択された周波数をナローバンドでカットし、フィードバックを引き起こす共振周波数を除去します。周波数を選択するにはノブを時計回りに回します。HI-PASS は、時計回りに回すことでサブハーモニック・レンジの周波数をカットする非常に役立つフィルターで、ステージ上の不要な低域のフィードバックを除去するだけでなく、特定の楽器や音楽スタイルにおいてはローエンドを引き締める効果も生み出します。

フットスイッチで切替可能な BOOST は、ソロフレーズを演奏するなどの特定のセクションでレベルを上げるための機能です。BOOST LEVEL は、BOOST スイッチを ON にした時のブースト量を設定します。また MUTE スイッチは、リアパネルのアウトプットで信号をミュートしますがサイドパネルの TUNER アウトプットでは信号をミュートしませんので、曲間などでのサイレント・チューニングに有効です。

プロフェッショナル仕様の EQ セクションは、シェルビングタイプの BASS、TREBLE コントロールに加え、LOW および HIGH ミッドレンジの周波数をカバーする2つのセミパラメトリック MID バンドで構成されています。この MID コントロールは、隣接するミッドレンジ周波数の限定されたコントロールに対して帯域を組み合わせて調整することや、または一方はフィードバックを抑えるための調整に、もう一方をトーン・シェイピングとして使用することもできます。


REAR PANEL

Rosette DI リアパネルで最初に気がつくのは、いくつかの 1/4" フォンジャックと一緒に搭載されている2つの XLR バランスアウトです。この2つの XLR アウトでは、入力した楽器そのままのサウンド、もしくはプリアンプ・エフェクトを経由したサウンドのどちらを出力するかによって使用する端子を選択します。


PREAMP OUTPUTS

バランスタイプの XLR と 1/4" フォン両方の PREAMP OUT 端子は、ステージのモニター・ボード、レコーディング・コンソール、パワー・アンプもしくは大型のステージ機材用のパワードモニターへ Rosette Preamp D.I のプリアンプセクションを経由したサウンドを出力します。XLR PREAMP OUT はバランスタイプ、1/4" PREAMP OUT はアンバランスタイプのジャックになっており、両端子ともライン・レベルに対応した出力レベルです。


DIRECT OUTPUT

バランスタイプの XLR DIRECT OUTPUT は、SOURCE スイッチを切り替えることでダイレクト・シグナルの出力ポイントを PRE/POST の2ポジションで選択することができます。このアウトプットはマイクレベル・インプットに最適化されており、ライブ会場のコンソールへのシグナル送信や、録音後にサウンドのシェイピングやプロセッシングを行う場合にプリアンプで加工されてないサウンドを必要とするレコーディングなどに適しています。

これらの OUTPUT のいずれか、または複数の端子から同時に異なる機材への出力に使用されるケースもあります。最も一般的な例としては、DIRECT アウトプットからライブ会場のコンソールに信号を送りながら、ステージ上のサウンドを補うために PREAMP アウトプットからモニターコンソールへフィードする、といったかたちで使用することができます。


SOURCE

XLR タイプの DIRECT OUTPUT は、インプット・バッファーステージ直後でゲインコントロールと4バンド EQ の前段のシグナルを送り出す PRE と、プリアンプと4バンド EQ を経由した後のシグナルを送り出す POST の2ポジションから選択できます。どちらのロケーションに関わらず、DIRECT OUT から出力される OUTPUT レベルはマイクレベルになります (-30dB、-10dB)。


BALANCED OUTPUTS GROUND LIFT SWITCHES

XLR の PREAMP OUT と DIRECT OUT 両方のバランスアウトは GROUND LIFT スイッチを装備しており、グラウンドループによるハムノイズが発生した場合に LIFT ポジションに切り替えることで PIN 1 をグラウンドから切り離すことで不要なノイズを解消します。


FX LOOP: FX SEND and RETURN

Rosette は外部プロセッサーをインサートできるシリーズ(直列)のエフェクトループを搭載しており、SEND と記載された 1/4" フォンジャックはプリアンプを経由したシグナル送り出し、RETURN と記載された1/4" フォンジャックはバッファーを経由し、MASTER の前のアウトプットステージに入力されます。ループはコーラスやフランジャー、ディレイと言った空間系エフェクトを接続するのに適しています。アコースティック楽器ではオーバードライブやコンプレッサー、エンベロープ・フィルターやワウのようなエフェクトの使用は少なく、必要に応じて Rosette D.I の前に接続することは稀にありますが、これらのタイプのエフェクトを信号経路上のどこに配置するかは実際に使用しながら適切なポジションを見つけてください。


DC POWER JACK

内部バッテリーをバイパスし Rosette を駆動させるには、DC9V センターマイナス極性の標準的な電源を使用して下さい。パワーサプライのプラグを Rosette の DC ジャックに接続すると内部バッテリーは自動的に接続が解除されます。Rosette DI は DC9V センターマイナス/45mA の電源で動作します。
Rosette Acoustic DI Preamplifier
Rosette™ Acoustic DI Preamplifier

Rosette 300
Rosette™ 300 / Two:Eight

このページをはてなブックマークに追加

<仕様>

・ Made in Petaluma, California
・ Rosette 300 Two:Eight Combo アンプのフロントパネルコントロールと EQ サーキットを装備
・ 1 Channel / 1/4" Pickup インプット (パッシブ/アクティブ両対応)
・ Solid-State Preamp:
Phase スイッチ、Input Level コントロール、Boost フットスイッチ w/Variable Boost Level コントロール、Variable Notch Filter (40Hz to 500Hz)、Variable Hi-Pass Filter (40Hz to 200Hz)、フルアクティブ 4-Band EQ コントロール (Bass、Low-Mid、High-Mid、Treble でそれぞれ+/-12dB のブースト/カットが可能) w/ Variable Low-Mid (150Hz-1800Hz)、High-Mid (300Hz-5000Hz) フリーケンシーコントロール、Line Level Preamp 出力用 Preamp Output Level コントロール、Mute/Tuner フットスイッチ

・ FX Loop (エフェクト・ループ)
・ バランスタイプ XLR Mic Level (DI) アウト with Pre/Post、Ground Lift スイッチ
・ バランスタイプ、アンバランスタイプ Line Level Preamp アウト (Preamp Output Levelでコントロール可能) with Ground Lift スイッチ
・ 電源: 9VDC センターマイナス 45mA AC アダプターまたは電池で駆動 (ACアダプターでの電源供給が出来なくなった場合に、自動的に電池駆動に切り替えるオートスイッチを装備)
・ 形式: DI-プリアンプ
・ サイズ (W x D x H): 140.0 x 208.0 x 57.5mm
・ 重量: 約908g

Front Panel Controls:

Rosette Acoustic DI Preamplifier Front Panel

Back Panel

Rosette Acoustic DI Preamplifier Rear Panel

このページをはてなブックマークに追加


このページをはてなブックマークに追加

Picture Gallery

このページをはてなブックマークに追加

Rosette™ Acoustic DI Preamplifier

Rosette™ Acoustic DI Preamplifier manual JP (PDF) - Coming Soon

PDFファイルをご覧になるにはAcrobat Reader(無償配布)が必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。

このページをはてなブックマークに追加