ホーム >> 製品情報 >> ギターアンプ >> MARK FIVE: 35™


THE COMBO YOU'VE ASKED FOR AND MORE.

この35年の歳月を彩ってきた、パワー管に4 x EL84管を採用したCaliber™、Maverick™、 Nomad™やLone Star®といった輝かしいアンプの歴史に、初めてMARKシリーズのプリアンプを採用したモデルとしてMARK FIVE: 35™が加わります。このミドルウェイトクラスの本製品は、2014年のリリースから絶大な支持を得ている、一回り小さいMARK FIVE: 25™をさらにグレードアップし、同クラスのアンプの追随を許さない仕上がりとなっています。

すぐにでもステージで威力を発揮するMARK FIVE: 35™には、チャンネルごとに独立したソロ・コントロール、ロング・スプリングタンクを採用したオールチューブリバーブ、CABCLONE機能を搭載したオンボードのD.I.アウトには新たに"VINTAGE"ボイシングが追加され、オリジナルと同じフルセットのボイシングが選択できるようになりました。フットスイッチもアップグレードされ、様々な機能を足元でコントロールすることが可能になりました。必要に応じて使用可能な、完璧なクリップと素晴らしいダイナミクスを持つヘッドルームを兼ね備えたMARK FIVE:35は、今までのMarkシリーズ中最も適応性の高いアンプに仕上がっています。

このページをはてなブックマークに追加

MULTI-WATT™ CHANNEL ASSIGNABLE POWER

MESA独自のDyna-Watt™テクノロジーとMulti-Watt™チャンネル・アサイナブル・パワーの組み合わせにより、パフォーマンス重視のこのモデルは、35Wのパワー設定ではしっかりとしたヘッドルームとパンチを、出力の低い25Wと10Wではルースなフィーリングとパワークリップした真空管サウンドを生み出します。3段階のパワーレベルセッティングにはそれぞれのサウンドキャラクターがあり、モードチョイスとプリアンプセッティングと合わせて、プレーヤーが求めるサウンドスタイルを追求することができます。パワーレンジとワイヤリングスタイルは、35W(Dyna-Wattパワー)、25W(Dyna-Wattパワー)、10W(クラスAB三極管)で構成されています。



2チャンネル/6モードのコンパクトパワー

MARK FIVE™から生まれたMARK FIVE 35は、まさにMESA/Boogieの歴史が詰まった、MESA/Boogieの象徴的なアンプです!チャンネル1では、タイトで輝きを持つクリーンなサウンドから激しくクリップの聞いたサウンド、クラシック・ロックに象徴されるクランチ、燃え上がるようにフォーカスしたリードサウンドを奏でることが出来ます。チャンネル2では伝説的なMARK II C+のサウンドや、暖かく丸みのあるMARK IVのサウンド、MARK VのXTREMEモードをカバーしています。

2チャンネル/6モードのプリアンプと、軽量ながら力強いパワーセクションの組み合わせは、トラディショナルな19" Boogie®サイズのヘッド、またはポータブルな1x12コンボに収められています。ヘッドはMESA®のいくつかのエクステンションキャビネットとの組み合わせで、コンボは、より大きな音量をカバーするためにエクステンションキャビネットと一緒にセッティングすることもできます。そして、これらの楽しみをより広げる、レザーやビニール、エキゾチック・ハードウッド・キャビネットなどの幅広いカスタマイズオプションも提供しています。



MID/BOOST

MARK FIVE:35のチャンネル1では、MID/BOOSTによるトーン・シェイピングが加わっています。コントロールの目盛0から5には、スタンダードなノーマルレンジのMIDコントロールを凝縮してあり、目盛5から10が、オーバードライブの新たな可能性を広げるMID/BOOSTで、オーバードライブの素晴らしい重なりが中域の広い範囲でゲインを強調し、厚みのある歪みを生み出します。チャンネル1の3モードいずれにおいてもマッチし、その多様性をさらに広げることができます。MID/Boostを使用するとCLEANモードとFATモードは激しくうなるようなサウンドを奏でるようになります。CRUNCHモードではクラシック・ロックから、メタルのリズムワークや複雑なハーモニーが折り重なるリードワークまでカバーできるサウンドを生み出します。



Boogie® EQ

伝説的なBoogie® 5バンド・グラフィックEQは、サウンドに究極のフレキシビリティを与えます。通常のトーンコントロールでサウンドを設定した後により求めるサウンドにトーンシェイプしたいとき、この5バンド・グラフィックEQをONにしてノブを設定してください。



SOLOコントロール

MARK FIVE:35は、各チャンネルごとに設定したボリュームをフットスイッチでも呼び出しできる、独立したソロ・コントロールを装備しています。このソロ・コントロール機能は他のMESAアンプとは違い、チャンネルマスターコントロールと並列に接続されているマスターコントロールとしても使用することが可能で、チャンネルマスターコントロールの設定値の上側にも下側にもレベルをコントロールすることができます。

フットスイッチに搭載された"Preview"機能では、現在使用していない方のチャンネルのソロ・コントロールのステータスを確認することができます。両チャンネルともにSOLOボタンの上の薄い黄色のLEDは、現在そのチャンネルにおいてソロ・レベルがONになっていることを示し、次にそのチャンネルを選択した際にソロ・レベルがONの状態で呼び出されます。その際、フットスイッチのLEDは明るく点灯し、ソロ・レベルがONになっているチャンネルのLEDと同色に変わります(チャンネル1は緑色、チャンネル2は赤色)。スイッチをOFFにして、チャンネルのマスターコントロールのレベルに戻すまでは、ソロ・コントロールによってチャンネルのボリュームレベルが決定されます。



HEADPHONE OUTPUT

MARK FIVE:35はヘッドフォン・アウトを装備しているので、スピーカーから音が出せない環境でもヘッドフォンを接続して演奏を楽しむことができます。このヘッドフォン・ジャックは、CABCLONE DIからの"スピーカー・シミュレート"信号により、驚くほど質の高いレンダリング能力でMARK FIVE:35のサウンドをヘッドフォンでも再生します。このアウトプットを使用すれば、夜中の練習でも、ボリュームをアップしないと得られないパワー管やアウトプットトランスを信号が通ったサウンドをヘッドフォンで楽しむことが出来ます。ヘッドフォンから出力されるサウンドは、CABCLONE D.I.の回路によってヘッドフォン用にマッチしたサウンドに整えられています。



CABCLONE™ D.I.

MARK FIVE:35ではCABCLONE D.I.機能もアップグレードしました。3タイプのクラシックな"キャビネット・シミュレーション"ヴォイシング・モードが選択できるようになったことで、CABCLONE D.I.単品のOUTPUTコントロール以外の機能は全て扱えるようになりました。アナログのシミュレーションは、ゲインを加えるオペアンプを使用しないパッシブ回路で、世界トップのカスタムスピーカーのメーカーと、MESAが45年間にわたり培ったスピーカーを搭載するカスタムキャビネット製作の経験をもとに、共同開発によって実現したものです。

CABCLONEの"ヴァーチャル・キャビネット"は、ダイレクトサーキットのEQレスポンスをキャビネットのスタイル、ゲインリージョン、ギターと共に演奏されるほかの楽器、ピックアップに合わせて調節することが可能です。きらびやかなトップエンドが押し出されたブライトでオープンなサウンド(OPEN BACK)から、よりコンプレッションがあり暖かみのあるサウンドを再現するため、高音域のハーモニクスが押し出されたサウンド、歌うようなサウンド、豊かなリズムギター向きのハイゲインサウンド(Vintage)を奏でます。Cloased Back選択時にはミッドレンジがスクープし、トップがブーストし、レスポンスカーブがV字の状態になります。このサウンドはヘヴィークランチリズムやハイゲインが効いたソロギターに最適です。

D.I.アウトから音を出すとき、この3タイプのヴォイシングオプションにより幅広い選択肢が得られます。上記機能の説明はあくまでもスタートラインで、使い方次第で様々な音楽表現を可能とします。どのような使用方法でも、あなたのレコーディングニーズに合わせて素晴らしいギターサウンドを実現します。

 


最新のMARK FIVE:35™の伝統的なコンパクトBoogie®1x12コンボと19"ヘッドは、MESA30年の歴史が育んだMARKシリーズの回路により実現しました。


2チャンネル/6モードに収められたMARKシリーズの象徴的なサウンドは、数多くのヒット作において、リードサウンドやヘビーなリズムワークをを生み出してきたビッグネームのギターヒーローたちから選ばれ続けています。


オーバードライブの新たな可能性を広げるMID/BOOSTで、オーバードライブの素晴らしい重なりが中域の広い範囲でゲインを強調し、厚みのある歪みを生み出します。チャンネル1の3モードいずれにおいてもマッチし、それぞれの多様性をさらに広げることができます。


伝説的なBoogie® 5バンド・グラフィックEQは、サウンドに究極のフレキシビリティを与えます。Multi-Watt ™パワースイッチはEQスライダー右側に位置しており、すぐにコントロールが可能です。


各チャンネルごとに独立したソロ・コントロールは、プリアンプのMASTERボリュームとは別系統でのボリュームレベルのコントロールが可能です。フットスイッチを使用すれば、パフォーマンス中でも設定したボリュームを呼び出すことができます。


MARK FIVE:35では、スピーカーで音が出せない環境でも、お手持ちのヘッドフォンを接続して演奏を楽しむことができます。


CABCLONE D.I.のキャビネット・シュミレーション機能は、キャビネット・シミュレートされたMARK FIVE: 35のサウンドを、スピーカーにマイキングすることなく、コンソールにダイレクトに送ることができます。

 

このページをはてなブックマークに追加

 Technical Specifications

•Made in Petaluma, California

•オール・チューブアンプ : 4xEL-84 パワー管 & 6x12AX7 プリ管

•固定バイアスを採用(メンテナンスフリー)

• パテント取得Multi-Watt™チャンネルでパワーアンプにアサインし、かつMESA独自のDyna-Watt™テクノロジーで、3段階のパワーレベルと2パターンのワイヤリング(Pentode/Triode)を、35W/25W/10W/のパワースイッチでそれぞれ選択可能

◦10Wモードでは、CLASS A/Bの3極管モードで2本のパワー管を駆動、きらびやかで倍音豊かな高音と流れるような低音を実現

◦25W/35Wモードでは、2本または4本のパワー管を駆動させ、MESA独自のDyna-Watt™によりCLASS A/Bの5極管モードで、最大出力でパンチがありクリアなサウンドを実現

•完全独立2チャンネル(各チャンネルごとに3つずつのモードを選択可能):

◦ チャンネル1:モード - Clean、Fat、Crunch(Multi-Watt™パワースイッチにて10W/25W/35Wを切替可能)  コントロール - Gain(ゲイン)、Treble(トレブル)、Mid/Boost(ミッド/ブースト)*、Bass(ベース)、Presence(プレゼンス)、Reverb(リバーブ <リアパネル> )、Master(マスター)、フットスイッチでコントロール可能なSolo(ソロ)コントロール  *パワフル・ミッドブーストコントロールは1~5までが通常の中音域のトーン調整、5~10はバリアブル・ゲインブーストコントロールとして甘く倍音豊かなオーバードライブを設定可能

◦チャンネル2:モード - MARK IIC+、MARK IV、XTREMEモード(Multi-Watt™パワースイッチで10W/25W/35Wを切替可能)  コントロール - Gain(ゲイン)、Treble(トレブル)、Mid(ミッド)、Bass(ベース)、Presence(プレゼンス)、Reverb(リバーブ <リアパネル> )、Master(マスター)、フットスイッチでコントロール可能なSolo(ソロ)コントロール


・フットスイッチでの操作が可能な5-BANDグラフィックEQ™(チャンネルごとのON/OFF設定、またバイパスも可能)

•フットスイッチでコントロール可能なチャンネルごとに独立したSoloコントロール(フロントパネル)

•各チャンネルごとに設定が可能なオールチューブ、ロングタンクスプリングリバーブ(リアパネル)

•バッファード・チューブ・エフェクトループ

•CAB CLONE™ キャビネット・シミュレーター・アウトプット(インターナル・ロード搭載)、Headphoneアウトを装備。 - キャビネットボイシングの種類はClosed-Back/Open-Back/Vintageを選択可能で、Speaker ON/OFFスイッチ、グラウンドリフトスイッチも装備)

•オール・アルミニウム製シャーシ

•4ボタン・フットスイッチ付属(チャンネル1/2、EQ ON/OFF、SOLO Ch1&Ch2を切替可能)

•スリップカバー付属

・サイズ
◦ Head: 23.2cm(H) x 48.0cm(W) x 27.7cm(D)  12.25kg
◦ 1x12 Combo: 46.1cm(H) x 47.7cm(W) x 29.3cm(D)  19.96kg

Front Panel Controls:

Back Panel

このページをはてなブックマークに追加

New Features Overview


ROCK Playthrough


METAL Playthrough


CLEAN & SOLO Playthrough


このページをはてなブックマークに追加

MARK FIVE: 35™

coming soon

PDFファイルをご覧になるにはAcrobat Reader(無償配布)が必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、 こちらからダウンロードしてください。

このページをはてなブックマークに追加