ホーム >> 製品情報 >> ギターアンプ >> Lone Star Special


TONE AS THICK AS WEST TEXAS CRUDE!

LONE STAR SPECIAL®は表現力豊かなサウンドを奏でるプリアンプとEL-84真空管のピュア・クラスA設計によるパワーアンプ部を組み合わせることにより、まさにヴィンテージ・マジックと呼ぶにふさわしい新たなクラシック・サウンドを実現しました。

従来のLONE STARは6L6真空管を採用し、ウォームなサウンドを追及したモデルです。これに対して、LONE STAR SPECIALは、艶と味わいのあるサウンドとセンシティブでダイナミックなレスポンスを特徴としています。

伝統的なクラシック・サウンドは、パワーとサウンドの組合せによる独特の歪がキーポイントとなります。しかし、今までのアンプは出力を上げて行くと歪みだすスィートスポットがずれてしまうことが常でした。

このLONE STAR SPECIALは出力にたいおうしてパワーアンプ部を切替えることにより、この問題を解決した画期的なアンプです。つまり、出力パワーに合わせた最良の回路構成を選択しさいこうのサウンドメイクを実現します。

30Wのポジションでは、4本すべての真空管によって中音域にパンチのあるサウンドを。15Wのポジションでは、2本の真空管を駆動する事でブルージーな表現力のあるソウルフルなサウンドを特徴としています。これらのポジションはクラスA・プッシュ・プル回路で動作します。そして5Wのポジションでは、Mesa/Boogieが新たに開発したシングルエンド回路によるパワーと究極のサウンドを実現することに成功しました。

通常プッシュ・プル回路では、第二高調波(オクターブ上の音)は出力トランスにおいて波形が打ち消し合ってしまうことがありました。このことはサウンドの重要な要素を失ってしまうことになり、サウンドをやせさせる原因となっていました。LONE STAR SPECIALは、この大きな問題を解決し、サウンドに重要な第二高調波を保ちながら、全体のスペクトラムを正確にに伝達し、温かみのある本来のディストーションサウンド作り出しています。レコーディングやライブと、その時の目的にあったパワーで最良のサウンドを選ぶことができます。

このページをはてなブックマークに追加

2 Channels - 4 Modes

Channel Control

Channel Control Channel1のクリーンモードと、それよりも若干高めのゲイン設定のChannel2 CLEANモードと、2本の三極管が加えられた回路となりハイゲイン・プリアンプのDRIVEモードの計3つのモードを、スイッチで容易に切り替えることが可能です。 またChannnel2では切替スイッチによりヴィンテージ・トーンとモダン・サウンドへ切換えできます。

Output Power Switch

Output Power Switch Lone Starは、特許取得済みのDuo-Class™技術を使用した、チャンネルごとの出力割り当てが可能なMESAの新技術“Multi-Watt™”機能を採用しています。この機能により3段階の異なる出力とオペレーション・クラスの切替が可能となり、サウンドの幅がより一層大きく広がります。出力方式は、真空管アンプの伝統的な駆動方式であるプッシュ/プル・クラスA駆動の15/30w、そしてシングルエンド・ピュア・クラスA駆動方式の5wの選択が可能となっています。
どのポジションにおいても、ぜいたくなピュア・クラスA設計により、表現力豊かなサウンドを実現します。

Output Power Switch アウトプット・コントロールには、フットスイッチによりリード・プレイ時にさらに出力を上げることの出来る”SOLO”コントロール機能も装備しています。この二つのコントロールは、配線上エフェクトループの後に配置されており、ループ使用時におけるマスター出力コントロールとして機能します。またエフェクトループがオフの状態では、それぞれのチャンネルに配置されたMASTERコントロールで、最終的な出力調整を行います。エフェクトループがオフ(HARD BYPASS)に設定された場合、ループ回路は信号経路から完全に切り離され、より純粋な信号を出力することができます。

Tube Rectifier Tracking

Tube Rectifier Tracking 5W/15Wのポジションでは自動的に5Y3真空管を選択し、真空管による整流回路(レクチファイアー)で動作します。30Wではパンチのある太いサウンドを生み出すシリコンダイオードによる整流回路が動作します。更にパワーが必要な場合は、オプションの35Wスピーカー出力端子へ外部スピーカーを接続してください。

Dual Voice, All Tube, Long Spring Reverb

Dual Voice, All Tube, Long Spring Reverb 真空管駆動のリバーブは、ブライト/ウォームの切替スイッチにより、プレイスタイルに応じたリバーブサウンドをチョイスすることが可能です。”Bright”モードではオールドアンプ回路のような、もやのかかった倍音成分が強調されたヴィンテージ・リバーブ・サウンドとなり、”Warm”モードではスタジオクォリティの美しいリバーブサウンドを作り上げることができます。またリアパネルのつまみにより、チャンネルごとに個別にミックス調整を行う事が可能となっています。

Slave out

Slave outSLAVEアウトプット・ジャックとレベルコントロールはエフェクト・センドとは違い、ここでの出力はプリアンプ及びパワーセクションを介した出力信号となっており、スピーカー出力信号からの分岐出力となっています。

このページをはてなブックマークに追加

PRODUCT SPECIFICATIONS Channels & Modes チャンネル数:2、モード数:4

チャンネル1:

コントロール:
Gain (ゲイン) 、Treble(トレブル)、Mid(ミッド)、Bass(バス)、Presence(プレゼンス)、Master(マスター)、Reverb ( リバーブ )、5W / 15W / 30W 切替スイッチ

チャンネル2:

モード:
Thick / Normal / Thicker
コントロール:
Gain (ゲイン) 、Treble(トレブル)、Mid(ミッド)、Bass(バス)、Presence(プレゼンス)、Master(マスター)、Reverb ( リバーブ )、Driveスイッチ、Driveコントロール、5W / 15W / 30W

Connections

スピーカー接続端子:
MAIN OUT 4Ωx2(30W)
エフェクトループ:
Send / Return
フットスイッチ:
LONE STARSPECIAL 専用フットスイッチ
外部スイッチング:
Channel、Solo、Reverb

Others

  • ・SOLOレベル・コントロール
  • ・OUTレベル・コントロール
  • ・チャンネル切替(Ch1/2)
  • ・リバーブタイプ切替(ブライト/ウォーム)
  • ・固定バイアス式
  • ・アルミシャーシ
  • ・12インチ セレッション C90 スピーカー搭載(1 x 12 Combo、2 x 12 Combo)

出力

5W(Single-Ended Class A) / 15W(Class A Push-Pull) / 30W(Class A Push-Pull)

真空管

12AX7 x 5本(プリアンプ)、EL-84 x 4(パワーアンプ)、5Y3 x 1(レクチファイアー)

  

Accessories

  • ・2ボタン専用フットスイッチFC.LS(Channel, Solo)
  • ・STEREOタイプ専用ケーブル(#678457)
  • ・スリップカバー
  • ・電源ケーブル

Weight & Dimensions

Lone Star Special Head
  • ・サイズ:28.58 (H) x58.1 (W) x29.85 (D) cm
  • ・重量:約17.24kg
  • ・定格消費電力:90 W
Lone Star Special Rackmount Head
  • ・サイズ:17.78 (H) x48.58 (W) x24.13 (D) cm
  • ・重量:約16.33kg
  • ・定格消費電力:90 W
Lone Star Special 1x12 Combo
  • ・サイズ:48.9 (H) x58.1 (W) x29.85 (D) cm
  • ・重量:約26.76kg
  • ・定格消費電力:90 W
Lone Star Special 2x12 Combo
  • ・サイズ:51.44 (H) x67.95 (W) x29.85 (D) cm
  • ・重量:約33.57kg
  • ・定格消費電力:90 W

このページをはてなブックマークに追加

Lone Star Special

Lone Star Special (PDF, 6.08 MB)

PDFファイルをご覧になるにはAcrobat Reader(無償配布)が必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は、 こちらからダウンロードしてください。

このページをはてなブックマークに追加